読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すいません、ビニールありますか。

常ならぬ日々のこと。見聞きしたあれやこれやについて。平成生まれ。男性。東京都在住。フリーアルバイター。やや乱視ぎみ。

思い出すこと【千葉暴走】後篇

TOHOシネマズが入っているショッピングモールの中で、私は開場までのあいだフードコートの一角に座を占めていた。麺を2倍増しにした長崎ちゃんぽんをちゅるちゅる啜っている私の向かいで、高校生カップルが横並びに座ってずーーっとインカメで写真を撮ってい…

思い出すこと【千葉暴走】前編

昨夜、もんじゃ焼きをつついていた折、どういった流れでか忘れたが『ラ・ラ・ランド』の話が持ちあがった。 私はこのとき、忸怩たる思いがした。語り口がない。思えば、今年に入ってから一本も映画館で映画を観ていなかった。もともと閉所が苦手で集中できな…

ぶらりぐだり北九州の旅 後篇

大人三人が集っておきながら、出発予定時刻に遅れること三時間、チェックアウトの十分前になってようやく一人目が起床した。二人目三人目も眠たい目をこすりながら続く。どうも旅のプランはままならないのが常であるらしい。 外に出ると雨が降っていた。四月…

ぶらりぐだり北九州の旅 中篇

博多に着いた我々はまず、公園のベンチに腰かけ、きたる本場九州の豚骨ラーメンに箸をかけるそのときを、いまかいまかと待ち望んでいた。今回の旅行は、いわば食のお遍路である。 私は痩せっぽっちなので小食と思われがちだが、胃下垂なだけで常人よりはよっ…

ぶらりぐだり北九州の旅 前篇

天国をみた。 見下ろす白い雲は切れ目なく彼方まで広がり、ちょうど地平線のようにくっきりと、とある境界から上は一点の淀みなく冴え冴えとした青いばかりの空がかかっている。残すところ太陽を頂くのみとなった空は、空というより薄めた宇宙といった感じだ…

思い出すこと【新潟弾丸旅行】 後編

高速道路に乗ってしまえば、さすがの我々も迷子になることはない。途中で一度どういうわけか河川敷のような場所に降り立ったが、それ以外にはまったく順調であった。 細かくサービスエリアに寄りながら、運転を代わる代わるに北を目指す。寒さが強くなり、霧…

思い出すこと【新潟弾丸旅行】 前編

前回、ノロウイルスに感染した過去を暴露した。これは文春も真っ青の記事であった。ジャーナリズムが根底から大きく揺れ動いた瞬間である。 とまあ与太話は置いておいて、書いている最中にふと思い出したことがある。流行り病に倒れた丁度その日、私には友人…